1.123 Billeder af stue med krydsfinér gulv

Photographer: Anne Mathias

Photo by: Takumi Ota

兵庫県芦屋市。敷地は駅からほど近い住宅地にある。東と南に接道する角地で、市街地にありながら山の気配・空の広がりが感じられる場所である。しかし目の前の道路は交通量が多く、社員寮や店舗、住宅の建ち並ぶ風景はやや煩雑な印象があった。ここに木造2階建ての住宅を計画した。 建主からは開放性が高く広がりのある空間を求められた。敷地の特性・建主の要望を考えればできるだけ街に開いた住宅としたい。一方で、周辺の風景・プライバシーを考慮すれば一定のコントロールが必要である。そこで主空間を置いた2階を1.6Mの壁で取り囲み、その上を水平連続窓とする構成にした。1.6Mはちょうど人の背の高さ~目線の高さにあたる。立った時あるいは椅子やソファに座った時、外の風景は見上げる関係となる。これにより煩雑な風景はあまり目に入ってこない。もちろん外からは内部の様子が見えずプライバシーが保たれる。水平連続窓の上には桁が走り放射状に連なる化粧垂木を受ける。少し高めに設定された壁と化粧垂木が家族の居場所をおおらかに包み込む空間となった。 外から見れば、自然土による左官壁の上に化粧材の屋根が浮かぶ構成となっている。屋根の庇は隅切りがされた街角に対してぐるりと跳ね出し、窓に影を落とす。足元には小さなスペースながらも造園を施した。街角を彩る中低木・草花の他、約5Mのアオダモ・シマトネリコを植え、ちょうど2階の居室から風にゆれる葉を楽しめるようにも配慮している。市街地におけるすまいの中と外のつなぎ方を、人体寸法から組み立てた提案である

Photo by: Haris Kenjar

ナチュラルテイストの約90㎡の広々1LDK

第34回住まいのリフォームコンクール/国土交通大臣賞受賞

shauna intelisano

マンションリノベーション 落ち着いた雰囲気のLDK 全体を見渡せる広々とした空間

兵庫県芦屋市。敷地は駅からほど近い住宅地にある。東と南に接道する角地で、市街地にありながら山の気配・空の広がりが感じられる場所である。しかし目の前の道路は交通量が多く、社員寮や店舗、住宅の建ち並ぶ風景はやや煩雑な印象があった。ここに木造2階建ての住宅を計画した。 建主からは開放性が高く広がりのある空間を求められた。敷地の特性・建主の要望を考えればできるだけ街に開いた住宅としたい。一方で、周辺の風景・プライバシーを考慮すれば一定のコントロールが必要である。そこで主空間を置いた2階を1.6Mの壁で取り囲み、その上を水平連続窓とする構成にした。1.6Mはちょうど人の背の高さ~目線の高さにあたる。立った時あるいは椅子やソファに座った時、外の風景は見上げる関係となる。これにより煩雑な風景はあまり目に入ってこない。もちろん外からは内部の様子が見えずプライバシーが保たれる。水平連続窓の上には桁が走り放射状に連なる化粧垂木を受ける。少し高めに設定された壁と化粧垂木が家族の居場所をおおらかに包み込む空間となった。 外から見れば、自然土による左官壁の上に化粧材の屋根が浮かぶ構成となっている。屋根の庇は隅切りがされた街角に対してぐるりと跳ね出し、窓に影を落とす。足元には小さなスペースながらも造園を施した。街角を彩る中低木・草花の他、約5Mのアオダモ・シマトネリコを植え、ちょうど2階の居室から風にゆれる葉を楽しめるようにも配慮している。市街地におけるすまいの中と外のつなぎ方を、人体寸法から組み立てた提案である

Paul Taylor

Danmark
Tilpas mine indstillinger ved hjælp af cookies

Ved fortsat brug af denne side eller app, accepterer jeg, at Houzz-gruppen bruger cookies og lignende teknologier for at forbedre produkter og tjenester, for at give mig relevant indhold og gøre min oplevelse personlig. Læs mere.